なぜプッシュ通知してくるアプリが増えたか?


ARラボです。

本日は、業界人なら今更は聞けない!!「なぜプッシュ通知してくるアプリが増えたか??」

をご紹介したいと思います。

 

なぜプッシュ通知してくるアプリが増えたか?

 

iOS 3.0で登場した「プッシュ通知」は、今や多くのアプリが利用する機能となっております。

スリープ中に表示される、ホーム画面上部に表示される細長いバナーは、バイブレーションや効果音でユーザに注目を促します。プッシュ通知の内容はアプリにより様々ですが、アプリの更新やコンテンツ追加というタイミングで送信されてると効果的です。

アプリ開発者にとって、プッシュ通知はかなり魅力的なアプリの機能です。スマートフォンが通信不能な状態でないかぎり、アプリケーションによるプッシュ通知を認めたiPhone等のスマートフォンへ一瞬で最新の情報を届けることができます。

 

プッシュ通知の制限

 

送信できるデータ量は最大256バイト、日本語ならば数十文字程度のメッセージを送れます。文字制限が短いながらも、任意のタイミングで任意のメッセージを送信でき、アプリを起動したり、HPに誘導したりと、アプリの継続利用を促すにはとても効果的な機能であるといえます。

プッシュ通知を許可するかどうかの設定は、初めてアプリを起動したときに行います。許可すると、iPhoneからは個人情報を含まない一意の文字列(トークン)が送信され、以降アプリ開発者はそのトークン宛てにプッシュ通知を行うしくみです。アプリを削除すればプッシュ通知は届かなくなるうえ、プッシュ通知を受け取らない設定にもできますから、ユーザの負担もそれほど大きくはありません。

会員登録のような手間のかかるユーザ登録でなく任意のタイミングでしかも簡単に多数の消費者にメッセージを遅れて、効果音やバイブレーションなどで注意を引きつけられる仕組みがあり、「メールボックス」のようにまとめて確認できるスペースも用意されています。PRにはもってこいの機能ですから、ゲームやニュース購読アプリが次々とプッシュ通知を導入するのも自然な流れなのだと考えます。

ARラボが制作したアプリにも、もちろんプッシュ通知は導入されており、効果を上げております。

 

プッシュ通知とARアプリ制作

 

制作したアプリにプッシュ通知を導入しておけば、多数の消費者に任意のタイミングで任意のメッセージを送信できるので、非常に低コストで大きな集客効果を生み出すことができます。

 

 

 

※関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良)でARアプリ開発をご要望の方はARラボへ